各種プリント方式について

About various printing methods

デカプリ®各種プリント方式について

各種プリント方式

弊社では取扱商品について、下記のプリント方法で対応しております。(※ウエア以外も含む)

特徴 色数 特殊な表現 素材
昇華転写 版が不要で、生地に直接インクを染めるため、剥がれなどはなく、機能性素材(ドライ機能・吸汗速乾機能等)の特徴を十分に活かせる。 フルカラー 写真などの色再現性が高く、ぼかしやグラデーションが得意。金・銀は擬似的にグラデーションを用いて表現可能。 ポリエステル100%白生地のみ
シルクスクリーン 色ごとに「版」を作成して、1色ずつ職人の手作業でプリントします。 1色
(色ごとに「版」が必要)
ぼかしやグラデーションは表現できないが、金・銀・ラメ・発泡・蛍光・蓄光など様々なプリント表現が可能。 すべての商品
インクジェット 版が不要で、直接生地にプリント可能。縫製をまたがった加工も可能。 フルカラー 写真などの色再現性が高い。ホワイトインクを使用した場合、ぼかしやグラデーションは再現できない場合がある。金・銀は擬似的にグラデーションを用いて表現可能。 主にコットン100%商品
デジタル転写 版が不要で、フルカラーの 細かい柄の表現が得意。細かい柄にはフチが必ずつきます。 フルカラー 写真などの色再現性が高く、ぼかしやグラデーションも可能。金・銀は擬似的にグラデーションを用いて表現可能。 すべての商品
カッティングシート 版が不要で、背番号や個人名やロゴなど単色の表現が得意。 メーカー指定の全色 ぼかしやグラデーションは表現できないが、金・銀・ラメ・発泡・蛍光・蓄光など様々なプリントシートがある。 すべての商品
刺繍 立体感・高級感がある加工。縫製をまたがった加工も可能。 色糸見本から選択 不可。金糸・銀糸などは使用可能。 すべての商品
UV 版が不要で、フルカラーの 細かい柄の表現が得意。 フルカラー 写真などの色再現性が高く、ぼかしやグラデーションが得意。金・銀は擬似的にグラデーションを用いて表現可能。 ※ウエア以外のプラスチック素材(スマホケース・マグカップ等)

昇華転写

昇華転写プリントとは

昇華転写プリントとは、専用転写紙にデザインを印刷してプレス機で熱転写して生地にプリントします。ポリエステル繊維に直接インクを染色されるため表面はごわつきがなく、インクの剥がれも無く洗濯時の擦れや色落ちに強いプリント方法です。版を必要としないため、小ロットのご注文にも経済的です。また他のプリント方式に比べて、色が鮮やかでグラデーションや写真の表現がきれいにしあがります。

メリット

  • 版が必要ないので1枚からの注文が可能
  • グラデーションや写真表現が得意
  • 何色使用しても価格は同じ
  • 記事に直接インクを染み込ませるため素材の風合いが活かせる
  • プリントの剥がれや色落ちがない

デメリット

  • ポリエステル100%の生地限定
  • ベースが白生地以外(色生地)にプリントする場合、生地色の影響を受け色が沈む
  • 生地を高温高圧力でプレスするため縫製タイプのTシャツ以外はプレス跡が残る

シルクスクリーン

シルクスクリーンプリントとは

シルクスクリーンプリントとは、Tシャツをプリントする方法として最も一般的な方法です。デザインの大きさに合わせた版を作り、 版画のように印刷を行います。まずは版作成が必要なため小ロットの印刷には不向きですが、枚数が多くなれば1枚のプリント価格が安くなります。 使用する色ごとに製版が必要なため、色数が少ないデザインや単色のデザインに向いています。発色が良く耐久性にも優れています。

メリット

  • 最も一般的な定番のプリント形式
  • 枚数が多ければ多いほどお得
  • ウエアや雑貨類含めて多くの商品にプリント可能
  • 色の濃い生地にプリントしても色が沈まないため発色がいい

デメリット

  • 必ず製版が必要なため、少量のプリントには不向き
  • 1色につき1版が必要なためフルカラーの表現には不向き
  • ウエアサイズごとに版の大きさを変える必要があるため、各サイズで共通する大きさで版を作成する必要がある

インクジェット

インクジェットプリントとは

インクジェットプリントとは、インクを生地に直接吹きつけるプリントする方式です。版が不要なため、小ロットでも製作可能で、 Tシャツのサイズごとにプリントサイズを変更することも可能です。フルカラープリントが可能ですので色数の多いデザインや写真プリントに向いています。下地にホワイトインクを使用する事で、濃色の生地にもプリント可能です。また、あえてホワイトインクを使用せず生地の色や風合いの生かしたデザインも可能です。オンデマンドプリントなので短納期生産も可能です。

メリット

  • 版不要で1枚からプリント可能
  • フルカラープリントなので写真やグラデーションの表現が得意
  • ホワイトインクを使用した鮮やかな表現やあえてホワイトインクを使用しない味のある表現も可能
  • Tシャツサイズごとにデザインサイズの変更が可能
  • オンデマンドプリントなので短納期

デメリット

  • コットン100%以外はプリント不可
  • 大量発注した場合でも値段は大きく変わらない

デジタル転写

デジタル転写プリントとは

デジタル転写プリントとは、転写シートにカラー出力した物をプレス機で圧着させてプリントする方法です。白地の転写シートにフルカラーのデザインを出力しますので、グラデーションや写真などもきれいに仕上がります。小さいデザインで大量枚数の場合や、大量でなくても色数が多い場合にはこのプリント方法が経済的です。

メリット

  • 版不要で1枚からプリント可能
  • フルカラープリントなので写真やグラデーションの表現が得意
  • Tシャツサイズごとにデザインサイズの変更が可能

デメリット

  • デザイン柄の周囲に剥がれ予防のためプリント生地と同色のフチがつく
  • プレス跡が残る

カッティングシート

カッティングシートプリントとは

カッティングシートプリントとは、あらかじめ決まった色の圧着シートご希望のデザインにカットしてをプレス機で圧着させてプリントする方法です。少ない枚数から安く仕上げることができます。ユニフォームにゼッケンや背番号や個人名を入れる場合などにもこのプリント方法が最適です。

メリット

  • 版不要で1枚からプリント可能
  • 短納期が可能
  • Tシャツサイズごとにデザインサイズの変更が可能

デメリット

  • あらかじめ決まった色以外はプリント不可
  • グラデーション表現は不可
  • 細かすぎるデザインは不可
  • プレス跡が残る

刺繍(ししゅう)

刺繍(ししゅう)加工とは

刺繍加工とは、プリントとは異なり、高級感を出すのに最適です。独特の質感にこだわりたい方におすすめです。あらかじめ決まった色糸から選択して加工します。各種プリントと組み合わせたり、ステッチの違いなどでいろんな表現が可能です。

メリット

  • 高級感を演出できる
  • 色落ち、剥がれの心配がない

デメリット

  • 指定の書体以外はパンチ代(型代)が必要
  • グラデーション表現は不可
  • 細かすぎるデザインは不可

UV

UVプリントとは

UVプリントとは、UV光(紫外線)を照射することで硬化、定着させるプリント方法です。瞬時にインクが硬化しますので、今までのインクジェットでは印刷できなかったiPhoneケース・手帳型ケースなどのスマホカバー等のプラスチック・合皮・アクリル素材へのプリントが可能です。版が不要なのでグラデーションやフルカラーで小ロットでのプリントが可能です。

メリット

  • 版が不要なので小ロットにも対応
  • グラデーションやフルカラーでのプリント表現が可能

デメリット

  • 凸凹(でこぼこ)の素材の場合、きれいにプリントできない場合がある
  • インクを盛り合わせるので表面が少しザラザラした感じになる